前 東京都議会議員 泉谷つよし(豊島区):豊島区から東京を変えていく『とことん現場主義』にこだわったアイデアと行動力で東京を変えていく!

子育て

子育て

title_pregnance01
妊娠・出産は健康保険が使えないので家計への負担は大きい。
そんなとき助けとなるのが出産費用として一定額が支払われる「出産育児一時金」です。38万円から42万円に引き上げ、その額を継続しています。

title_pregnance02
妊娠の健康管理の充実と経済負担の軽減を図るため、必要な回数の妊娠健診を受けられるようにする妊娠健診の公費負担を継続するとともに、不妊治療への助成を拡充しました。

title_pregnance03
一人ひとりの子どもに目が届く細やかな指導を行うために、民主党政権では小学校1、2年生の35人学級を実現。また、希望するほぼすべての公立小中学校にスクールカウンセラーを配置し、子どもの悩みに応えています。

title_pregnance04
政権交代後、2010年1月に閣議決定した計画に基づき、14年度までに保育の受け皿を246万人にすることを目指し、保育サービスの定員を全国で10年度約3万人、11年度約5万人増員。待機児童の解消に向け、保育所や家庭的保育を拡充しています。また、12年8月には、子ども・子育て支援関連3法を成立させました。

title_pregnance05
公立高校では授業料無償化、私立高校では授業料の一定額助成制度がスタート。これにより経済的理由による高校中退者数が年々大きく減少。学びたい高校生が学び続けられる環境が整っています。

妊婦健診

Copyright © 東京都議会議員 泉谷つよし All Rights Reserved.